使いやすいキッチンデザインとは?

キッチンのレイアウトについて

日本で一番ポピュラーなキッチンのレイアウトは、シンク・調理スペース・コンロが一列に配置されたI型キッチンです。I型キッチンは、単にキッチンを壁に向かって配置するだけでなく、カウンターを向こう側に配したカウンター付キッチンといったレイアウトもあります。
他にも、充分なスペースの取れる家庭では、作業効率の良いL字型のキッチンや、料理教室でおなじみのアイランド型のキッチンなど、さまざまなレイアウトが可能です。
使いやすいキッチンレイアウトは、その家族のライフスタイルによって異なってきます。しかし、日本の一般的な家庭では、キッチンに割けるスペースはどうしても限られてしまうので、I型及びそのバリエーションが主になると思われます。

レイアウト以外で配慮すべき、キッチンデザインのポイント

水回りのレイアウトを除く、キッチンデザインの要注意点として、「カウンターの高さ」・「収納のデザイン」・「動線の設計」の3点があげられます。
この中で、一番調理の効率に影響しそうなのが「キッチンカウンターの高さ」です。調理をする人の背の高さとカウンターの高さが釣り合っていないと、キッチンの使いやすさだけでなく、調理の効率に大きな影響を与えます。特に標準よりかなり身長の高い人や逆に低い人が台所の主であるのなら、特に配慮が必要です。
「収納のデザイン」や「効率的な動線の設計」に関しては、言うまでもありません。台所は細々とした道具類や食品のストックなど、とにかく使うものが多い場所です。十分なスペースと、手を伸ばせば必要なものに容易に手を伸ばせるような効率的な道具類の配置が望まれます。賃貸である等の理由で思い切った改造が難しい場合でも、冷蔵庫や食器棚等の配置を工夫すれば、キッチンの使い易さに大きな差が出てくるはずです。

家を借りる際、まずチェックするものの一つが間取り図です。ある程度の家のイメージも湧くので家をセレクトするのに一つの指標になります。